ブログ

不思議な温度計

2017年06月27日

梅雨に入り、ジメジメムシムシの日々ですが、

道に咲くアジサイがとても鮮やかで、雨の季節もなかなかいいなと感じます。

受付の中村です 😀 

 

さて、待合室にこっそりあるこちら↓

 

 

「ガリレオ温度計」というものです。

 

ガリレオ=ガリレイの発明した比重測定原理に基づいて設計され、

温度によってガラス筒の中の浮き球が浮いたり沈んだりします。

 

作った人はガリレオではなく、イタリア・フィレンツェの学者達や技師だそうです。

 

[比重測定原理]とは…

液体の比重が温度変化によって変化すること

温度が下がると比重が重くなり、逆に温度が上がると比重が重くなる

 

とありますが、科学が苦手な私にはいまいち理解できず(笑)

お風呂を沸かしたとき、上のほうは温まっていても下のほうがまだぬるいみたいなことでしょうか 🙄 

 

なぜ温度の変化で浮き球が浮いたり沈んだりするのかという原理は少し難しいのですが、見方はいたって簡単で、

上に移動した浮き球の、一番下の浮き球に付いている金色のタグに記された温度が、現在の気温の目安となります。

 

科学のお勉強にもなり、おしゃれなインテリアにもなるガリレオ温度計。

クリニックにいらした際、ぜひご覧になってみてはいかがでしょうか 😀