news医院からのお知らせ

口腔内スキャナー iTero を導入いたしました

2018年01月9日

皆さま、あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願い致します。

さて、麻布十番矯正歯科室ではこの度、最新の光学3D口腔内スキャナー
「iTeroエレメント」を導入いたしました。

これまでは歯型を採って歯列模型を作ってから、その模型を使って
歯並びや咬み合わせの状態を確認したり、矯正器具の作製を行っていました。

この歯型を採ることなく、お口の中を直接スキャンして
歯列のデータを立体的にコンピューターに取り込むことができる機器が口腔内スキャナーです。

 

 

口腔内スキャナーを使うと数分で精密な3Dデータが出来上がり、
コンピューターのモニター上に歯列が立体的に再現されます。
そのデータはモニター上で自由に回転させたり向きを変えたりして見ることができ、
歯並びや咬み合わせの状態を短時間のうちに、より正確に目で見て確認することができるようになりました。

また、このデータを使って矯正治療のシミュレーションを行うこともできます。
「このような方法で治すと、このようなイメージの仕上がりになりますよ」と
ビジュアル化した治療結果をご提案できるのです。

 
さらに、このデータを使って インビザライン(マウスピース矯正)の

マウスピースも作ることができます。

歯型を採らずに色々なことができるようになりましたので、
型取りが苦手な方や、型取りの際に歯がしみて辛い方にとっても
口腔内スキャナーは非常に有用だと言えますね。

今後は初診相談の際にもこちらの iTero を使用して
患者さんの歯並び・咬み合わせの状態をすぐにお見せし、
さらに治療のシミュレーションまで行うことによって、
より分かりやすい現状のご説明と治療のご提案ができると思います。

ワイヤー矯正、インビザラインのどちらの方法にも
口腔内スキャナーの導入は大きなメリットがありますので、
ぜひ最新の口腔内スキャナー iTero を体験しにいらして下さい。