ブログ

大切なのは磨き方

2017年03月4日

受付の中村です 🙂 

 

日中は以前より暖かくなり、春の訪れを感じられるようになってきましたね。

 

3月は卒業シーズン。

ご卒業される皆様、おめでとうございます。

それぞれの道や夢に向かい、ご活躍されることを祈っております。

 

 

さて、先日友人から、「矯正したら虫歯になりやすくなるんでしょ?」と聞かれました 🙄 

 

確かに何もついていないときより、装置がついているほうが歯磨きはしづらくなります。

でも、矯正していなくても、虫歯になる人はなりますよね。

 

磨き方のコツをしっかりおさえていれば、矯正中でも虫歯を防ぐことができるのです 😎 

 

当院では、まず装置がつく前に、口の中の細菌をお見せし、歯の染め出しをしてご自身で染まっている部分の汚れを落とす、

といった歯磨き指導で、意識改革を徹底的に行います。

(目からうろこの情報が満載と大変ご好評をいただいております!)

そして装置がついた後、歯ブラシを当てる角度や、ワイヤーの上と下に分けて磨くなど、さらに細かな指導をします。

 

口の中の細菌をお見せした段階で、絶対に虫歯を作らないという思いも働くので、

当院の患者様はとても熱心に歯磨きしてくださいます。

私自身も矯正中に虫歯になることはありませんでした。

 

また、矯正期間中は調整のために定期的にご来院いただき、お口の中も隅々まで拝見しますから、

虫歯になる確率は低いのではないでしょうか。

 

正しい磨き方で、矯正してもしていなくても、 虫歯のないきれいな歯を保っていきたいですね 😉